高血圧 薄毛

MENU

高血圧だと薄毛になる!ハゲる理由と改善するための食事・生活改善・治療法

このページでは高血圧と薄毛・ハゲの関係性や理由、高血圧によるハゲを改善するための食事、サプリ、生活習慣の改善、病院での治療法をご紹介いたします。高血圧によるハゲで悩んでる方、薄毛を解消したいと持っている方にぜひ見ていただきたい生活改善方法です。

高血圧だとハゲる理由はこれだ

 

高血圧の人には薄毛に悩んでいる人が少なくありません。高血圧とハゲには実は密接な関係があるのです。

血行が悪いことが原因

高血圧は血液が流れにくい状態です。そのため、高い圧力をかけないと血液が流れないのです。これが高血圧です。つまり高血圧の人は血行が悪い状態になっています。血行が悪くなることで、全身に酸素や栄養分が届きにくくなってしまいますし、代謝も落ちてしまいます。

毛母細胞に栄養が届きにくくなることで薄毛になる

血行が悪くなると、毛母細胞にも栄養や酸素が届きにくくなります。そのため、健康な髪の毛が育ちにくくなり、毛母細胞の栄養不足によって育毛サイクルが乱れ、薄毛になってしまいます。

血圧改善と血行促進を行うことが大切

高血圧による薄毛を改善するためには、血圧の改善と血行の促進を行うことが大切です。これによって毛母細胞に栄養が届きやすくなり、育毛サイクルも正常化しますし、十分な栄養が髪に届くことで太く強い髪が生えるようになります。当然髪に良い栄養素を十分に取ることも大切です。

高血圧による薄毛を予防する食生活

 

高血圧による薄毛を予防・改善するための食生活は「塩分・糖分・脂肪分を控えめに」「野菜を十分に摂る」「魚油も摂る」という3点です

塩分・糖分・脂肪分を控えめにする

塩分を多く摂ることで血圧が高くなることはよく知られています。高血圧治療の際には医師からも減塩の指示が出ることが多いです。1日の塩分の推奨摂取量は6gとなっています。塩や醤油を使う代わりにレモン汁やポン酢、ケチャップなどで味付けをしたり、ハーブなどを使って風味付けをすると塩分の使用量を減らすことができます。また、糖分や脂肪分も控えましょう。血中のコレステロール値や中性脂肪は動脈硬化の原因になりますし、血液がドロドロになって流れにくくなり、血圧が上がってしまいます。

野菜を十分に取る

現代人の食生活では野菜を食べる機会が減っています。ご飯だけでなく、パンやパスタ、そばといった炭水化物が中心だったり、肉類がメインになっているために野菜をわざわざ摂るという人が減っているのです。ですが野菜はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。血圧改善に効果のある栄養素をしっかり取るためにも、必ず野菜を献立に取り入れましょう。生野菜ばかりでなく、温野菜などを食べるのも良いことです。

玉ねぎ

玉ねぎは血液がサラサラになることで有名な食材です。玉ねぎに含まれる成分「硫化アリル」が血液中の脂質の割合を減らしたり、血栓の予防、コレステロールの増加を抑えると言った働きがあります。

明日葉

明日葉(アシタバ)はカリウムを多く含んでいる食材で、血栓の予防や動脈硬化の予防があります。また抗酸化作用が強いため、血流を改善したり血管の健康を維持することができます。明日葉の産地である八丈島では、明日葉を日常的に食べているために高血圧症の患者が少ない事がわかっています。

食物繊維を含む食材

食物繊維は腸の中で余分な脂肪などを絡め取ってくれるため、血中コレステロール値や血中の中性脂肪を下げてくれる働きがあります。根菜や葉物野菜のほか、トマトを皮ごと食べたり、豆類を食べたりするのも良いでしょう。現代の食生活では水溶性食物繊維が不足しがちですから、海藻類を多く食べるのもおすすめです。

魚を摂る

魚の油にはオメガ3脂肪酸であるEPAとDHAが含まれています。DHAは血管を柔らかくたもつため血流改善の効果があり、EPAは血栓を出来にくくします。青魚と言われる魚に多く含まれますので、魚を取りましょう。

高血圧による薄毛を予防する生活習慣

 

高血圧による薄毛は生活習慣でも予防することができます。

ストレス解消

ストレスは高血圧の原因の一つになっていることが「国立循環器研究センター」でも発表されています。また、ストレスによって薄毛が起こるということもわかっています。ストレスをしっかり解消することが高血圧による薄毛を改善・予防する方法として大切なことです。ストレスを解消するためには「ストレスの原因になっているもの(ストレッサー)を取り除く」ということが一番ですが、それができない場合にはうまくストレスを発散できる方法を探しましょう。趣味に打ち込む、体を動かす、大きな声を出す、声を出して笑うと言った行動でストレスが減ることがわかっています。

飲酒と喫煙

喫煙は血管にダメージを与えるため、高血圧にはよくありません。また、タバコは末梢血管の血流を悪くする事がわかっています。血流が悪化することで毛母細胞に栄養分が届きにくくなるため、髪の毛の健康にも良くないのです。アルコールも摂取量が多くなるほど血圧が高くなるため、避けておいた方が良いでしょう。

適度な運動

適度な運動をすることで血行が良くなります。運動をすることで心肺機能が高まり、血行が促進されて基礎代謝量もアップします。おすすめの運動はジョギング、ウォーキング、水泳や水中ウォーキング、自転車およびエアロバイクなどの有酸素運動です。毎日30分以上の運動が推奨されていますが、10分以上の運動を合計して30分にしても大丈夫です。週2回以上の運動で血圧を下げる働きがあることもわかっています。ただし、急に負荷の高い運動を行うと怪我をすることも考えられますので、無理のないように行いましょう。

適度なダイエット

メタボリック症候群は高い中性脂肪値やコレステロール値のため、血管に負担がかかり、動脈硬化や高血圧などの影響があることがわかっています。そのため、適度なダイエットを行うと良いでしょう。ダイエットの基本は「栄養バランスの取れた食事」「カロリー管理」「適度な運動」です。ただ闇雲にカロリーを減らすのではなく、1日3食しっかりと食事を摂ることと栄養バランスを考えた食事をすることを心がけましょう。成人の1日の消費カロリーは1,800?2,200kcalですので、その範囲内で収まることが理想的です。1食抜いて1日2食にするのはおすすめできません。

高血圧による薄毛を改善するサプリメント

 

高血圧による薄毛を改善するには、サプリメントの摂取も大切です。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは抜け毛の原因である「5α-リダクターゼ」の活性を抑える効果があります。この5α-リダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンと結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)になります。このDHTが皮脂を過剰に分泌したり、育毛サイクルを狂わせたりするために薄毛になります。ノコギリヤシ入りのサプリを飲むことで脱毛を抑制しましょう。

亜鉛

亜鉛は代謝を助け、細胞の新陳代謝を助ける働きがあるため、発育を促すミネラルです。髪の毛の育成を促進し、抜け毛を予防します。血圧を下げる働きもあるため、高血圧と抜け毛のどちらにも効果があります。

ビタミンA・C・E

血流改善や血管の健康を維持するために抗酸化作用のあるビタミンを摂取すると良いでしょう。ビタミンA・C・Eは抗酸化作用が強いため、高血圧や動脈硬化の予防をすることができます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促すため、美しく健康な髪を作るのに欠かせないビタミンですし、ビタミンEは血流を改善する働きがありますので高血圧に欠かせません。ビタミンEはA・Cと一緒に摂ることで効果が高まりますので、3種類とも摂取するのが良いでしょう。

アルギニン

アルギニンは体内でも生成されますが、十分な量を摂取するならサプリメントを活用しましょう。アルギニンは血管を拡張して血流を改善する働きがある上、成長ホルモンの分泌を促進するため、高血圧と育毛のどちらにも役立ちます。また滋養強壮、疲労回復の働きもあります。

EPA・DHA

前述のEPAやDHAも高血圧と血流改善に効果があります。ただし食生活の中で魚を十分に取り入れられない、あるいは魚が苦手だという場合にはサプリメントで補いましょう。

高血圧による薄毛を改善する治療法は

 

高血圧が原因の薄毛を改善するためにAGA治療を受けてみるのも良いでしょう。AGAは進行性のハゲですので、治療しなければどんどん進行してしまいます。抜け毛を予防する「プロペシア」と発毛を促進する「ミノキシジル」が主に使われます。他にもビタミンやミネラルなどが処方されることもあるため、薄毛が気になる人は治療を受けてみましょう。

高血圧は薄毛の原因の一つ!高血圧を改善することで原因を解決しよう

 

高血圧はさまざまな体の不調の原因となりますが、薄毛も症状の一つです。薄毛に悩むことでストレスを感じ、さらに高血圧の原因となる負のスパイラルに陥ることもあります。まずは薄毛の原因として高血圧を改善することに努めましょう。普段の生活習慣や食生活は血圧を下げるためにとても大切なことです。もし薄毛が気になるようであればAGA治療を受けてみるのも選択肢に入れてみましょう。



高血圧サプリランキングへ