高血圧 アイコス

MENU

アイコスでも血圧は上がる!高血圧と加熱式タバコの関係をチェックしよう

このページではフィリップモリス社の加熱式タバコ「アイコス」が血圧にどのような影響を与えるかということや、タバコとアイコスの成分の違いについて特徴や口コミをご紹介いたします。高血圧だけれどアイコスを吸おうか悩んでる方、アイコスを吸っている方はぜひ参考にしてください。

 

目次

 

アイコスで血圧はどうなる?

 

喫煙は高血圧には良くない影響があります。アイコスは火をつけず、煙も出ないタイプのタバコですが、血圧にはどのような影響があるのでしょうか。

アイコスでも血圧は上がる

結論から言うと、アイコスを吸っても血圧は上がります。ですから、高血圧で悩んでいる人はおとなしく禁煙することを強くおすすめします。

普通のタバコとアイコスの違い

 

普通のタバコとアイコスの一番大きな違いは「火をつけない」ということにあります。アイコスは加熱することで「ヒートスティック」と呼ばれるカートリッジ内のタバコ葉を熱し、そのときに出た成分を含む水蒸気を吸います。

有害物質を9割削減

普通のタバコは火をつけて燃やします。その際に巻いてある紙やタバコの葉が燃える際にタールを含む有害物質が発生します。巻いてある紙には燃焼促進剤なども含まれていますし、通常のタバコは50種類以上もの有害物質が含まれています。アイコスは火をつけないため、タールが発生しません。ほぼニコチンのみを摂取でき、有害物質を9割も削減できるというのがセールスポイントです。

燃やさないので一酸化炭素が出ない

タバコの3大有害物質は「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」です。一酸化炭素は不完全燃焼時に発生します。タバコは炎を出さずに燃えるため、一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつくため、体が酸欠状態になったり、動脈硬化のリスクが高まったりします。アイコスは燃やさないため一酸化炭素が出ません。

独特の臭いや副流煙が少ない

アイコスは熱してできる水蒸気を吸います。火をつける通常のタバコに比べて「タバコ臭さ」が圧倒的に少ないのが特徴です。また、水蒸気はすぐに消えてしまうため、副流煙で周りに害を与えるということも殆どありません。

タバコの成分と高血圧の関係

 

タバコは高血圧に悪い影響があります。主に血圧を上げるのはニコチンと一酸化炭素です。

一酸化炭素

通常のタバコを燃やすときに出る一酸化炭素は、前述の通り血液中のヘモグロビンと結びつき、体の中が酸欠状態になります。十分な酸素が細胞に送られないと、体は酸素を供給するためにより多くの血液を全身に送ろうとします。そのため、脈拍や血圧が上がります。

ニコチン

ニコチンはアイコスでも摂取できる成分です。ニコチンは依存性が強く、コカインやヘロインと言った麻薬以上の依存性であるとも言われています。また体内に取り入れると血管を収縮する働きがあります。そのため、末梢血管まで血液が十分に行き渡らなくなります。ニコチンは副腎を刺激し、カテコラミン(カテコールアミン)という神経伝達物質が分泌されます。そのカテコラミンが血圧を上げてしまいます。さらに交感神経を刺激して興奮状態になることで、心拍数が上昇します。血管の収縮と心拍数の上昇でも血圧が上がってしまうのです。タバコ1本分で15分間、1箱20本分で5時間もの間血圧が高い状態が持続してしまうのです。

アイコスのニコチン量

 

アイコスはタールや、タールに含まれる有害物質、そして一酸化炭素はカットされ、ニコチンだけを抽出して吸うことができるようにできています。ヒートスティックに含まれるニコチン量はヒートスティックの種類によって異なりますが、一般的に0.5mg?1.0mgと推定されます。ニコチンが0.5mgというのは通常のタバコで「タール6mg」のものに相当します。ニコチン量1.0mgのものは通常のタバコの「タール14?16mg」のものに相当します。ニコチン量1.0mgのものは通常のタバコと比べてもかなり多いと言えるでしょう。

アイコスを使った人の血圧に関する口コミ

 

Twitterなどの口コミでは、「アイコスを使ったら血圧が上がった」「自分は血圧が下がった」という口コミがあります。それぞれの口コミを見ていきましょう。

血圧が下がったという口コミ

健康のためにタバコからアイコスにしたんだけど、血圧が正常値になってた。

アイコスに変えてから、2ヶ月ぐらい血圧が正常値をキープしている。禁煙しようと思っていたけれど、これは思わぬ収穫だった。

友達がアイコスで血圧が下がったと言っていたので、自分もアイコスに変えようかなぁ。

タバコよりも吸う本数が減ったからか、血圧が下がったぞ。

血圧が上がったという口コミ

アイコス、吸った感じニコチンが普通のタバコより多いと思ってたけど、やっぱり血圧が上がってた。

アイコスは軽く吸えちゃうからか、吸う量が増えた気がする。血圧上がっちゃった。

「アイコスで血圧が下がる」ということは無い

 

アイコスは吸い口が軽いため、ついつい吸ってしまうという人がいますが、ニコチンの摂取量が通常のタバコを吸っていたときよりも多くなってしまうことがあります。そう言う人にとってはアイコスで血圧が上がると感じるでしょう。逆に非常に強いタバコを吸っていた人や一日あたりの本数が多かった人は、アイコスを吸うことで血圧が下がるということもあるかもしれません。ですがアイコスはニコチンを摂取するものです。アイコスを吸ったから血圧が下がる、ということはありません。高血圧を心配していると言う人は、アイコスも含めて禁煙するのがベストです。

タバコをやめられない人はまずアイコスに移行するのもOK

アイコスはタバコに比べると圧倒的に有害物質が少ないのが特徴です。そのため、タバコをやめることができないという人は、まずアイコスに移行してみるとよいでしょう。アイコスにはタールと一酸化炭素が含まれないため、純粋にニコチンだけを味わうことになります。アイコスに慣れてしまうと通常のタバコに戻ったときに「雑味」が感じられて吸うことができない、という声も多いです。

最終的にやめられない場合には禁煙外来へ

アイコスもやめられない、という場合には禁煙外来へ行くことも検討しましょう。タバコは高血圧だけでなく、肺がんや咽頭がんなどの原因にもなりますし、動脈硬化や濃厚・心筋梗塞などの原因になります。健康な毎日を送るために病院を活用することも考えましょう。

アイコスで高血圧が改善されるということはない!最終的に禁煙しよう

 

アイコスは有害物質がタバコよりも少ないとは言え、ニコチンが含まれているため、高血圧に良い影響があるとは言えません。禁煙をする前の段階として取り入れるのは良いことですが、最終的に禁煙できるように頑張りましょう。



高血圧サプリランキングへ