高血圧 お酒

MENU

高血圧の人はお酒は控えたほうがいい?

高血圧と診断された場合お酒は、医師から控えるように言われた場合は、飲まないに越したことはありません。できるだけ飲まないようにして下さい。しかし、血圧が高い方でも多少のお酒はOKとされており、適量を守る、飲む頻度(間隔を開けるなど)を守ることで、飲んでも良いということになっています。

 

実は、アルコールは血圧を下げてくれる効果があります。

 

血管を拡張させるためそうなるのですが、体内でアルコールがアセトアルデヒドに変化し、結果的に血圧が下がると言われているのです。

 

また、アルコールが血管に作用する効果は他にもあります。実は、善玉コレステロールを増やす作用もあるため、血流が良くなるのです。逆に言うならば、出血しやすくなるというデメリットも有るようです。

 

しかし、高血圧の方にとっては、お酒を飲むときの「おつまみ」が問題です。おつまみのほとんどは、揚げ物や塩分の多い食べ物なので、摂りすぎると更に高血圧になってしまいます。

 

高血圧以外にも、飲酒が多い方は、腎臓への負担が大きくなりますので、体内にある塩分の排泄機能が衰え、それが高血圧を加速させます。肝臓や腎機能が衰えると、毒素や塩分の排泄ができなくなり命取りとなってしまいます。高血圧を予防するサプリメントを飲んでいるから、医師から処方されている薬を飲んでいるからといって、アルコールを過剰摂取してはなりません。また、それらを飲んでいるからアルコールを飲んで良いというものでもないのです。