ナットウキナーゼ 高血圧 成分

MENU

ナットウキナーゼって何?どんな効果が?わかりやすくご説明します

体によい健康食材として有名なのが、納豆です。昔から食べられてきた食材で、においや独特の粘りなどがあるので、好きな人もいれば嫌いな人もいるでしょう。ナットウキナーゼとは、納豆のあのネバネバの正体です。ナットウキナーゼは、大豆の発行により発生し、タンパク質分解酵素として働きます。

ナットウキナーゼって昔からあった?

ナットウキナーゼという言葉をご存知でしたでしょうか。最近ではテレビなどでも取り上げられ、ナットウキナーゼという言葉を耳にする機会が増えました。しかし、ナットウキナーゼが見つかったのは1920年代という、とても昔なのです。その当時は特に名前がついておらず、ナットウキナーゼという名前で呼ばれ始めたのは1980年代で、そのころからナットウキナーゼの健康効果が広まり始めました。

 

ナットウキナーゼのことを知らずとも、納豆を食べている人は多くいると思いますが、その健康効果の源であるナットウキナーゼの働きについて理解することで、より効果的に納豆を食べることができるようになるでしょう。

 

ナットウキナーゼの有名な働きは。血栓を溶かす働きです。血液の問題の改善に納豆は大変有効なのです。

ナットウキナーゼの働き

まず、納豆自体の栄養価を見てみましょう。

 

大豆から作られる納豆には、たんぱく質やレシチン、ビタミンE、カルシウム、イソフラボンなど豊富に含まれています。納豆は納豆菌を用いてその大豆を発酵させています。

 

また、納豆菌にもたくさんの栄養素が含まれています。ビタミンK2やポリグルタミン酸、ポリアミン、ジピコリン酸などです。そして、その納豆菌の中にナットウキナーゼも含まれているのです。

 

ナットウキナーゼは血栓予防に役立つと有名ですが、血液の改善全般に効果を持ちます。血液は生活習慣によって悪化して息、様々な病気の元となります。現代人の生活は乱れているといわれており、メタボや血栓など様々な症状を引き起こしています。ナットウキナーゼはこれらに効果を発揮してくれるのです。


ナットウキナーゼにはこんなおどろきの健康効果が!

ナットウキナーゼには、血栓溶解作用があるとされています。

 

血栓は、血液のどろどろ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こします。そうなってしまうと命の危険や、障害が残ってしまう可能性があるので、予防が重要です。

 

ナットウキナーゼは高血圧サプリメントなどとして、開発されており、多くの人が血栓溶解作用を期待してそれらを使っていますが、ナットウキナーゼにはまだまだ期待できるものが多くあります。それらを紹介したいと思います。

ナットウキナーゼの整腸作用や抗菌作用

善玉菌と悪玉菌という言葉を聴いたことはあるでしょうか。

 

これらは腸内に存在する菌で、その数は何千種類とも言われています。腸内環境はこれらによって管理されており、悪玉菌の数が過剰になってしまうと当然問題となります。

 

それを防ぐためにも、善玉菌を積極的に増やしてやる必要があります。

 

ナットウキナーゼには整腸作用や抗菌作用もあり、腸内環境の改善などの効果もあります。腸内環境が改善されると、老廃物の排出がスムーズに行われ、便秘改善や生活習慣病の予防も効果を発揮します。また、ダイエットにも老廃物の排出は大きな効果を発揮します。美容にも老廃物の排出は欠かすことができません。老廃物を排出することで体の中から健康と美容を実現することができるのです。

ナットウキナーゼの免疫力を高める効果

免疫力と腸は大きなかかわりがあります。腸をきれいにすることで免疫力を高めることができるのです。そのため、腸内環境を整える効果のあるヨーグルトも注目を集めています。しかし、ヨーグルトは牛乳から作られるため、動物性脂肪が多く含まれており、それを気にする人も多くいます。

 

そこで注目されているのがナットウキナーゼです。

 

ナットウキナーゼは大豆から作られるため、動物性脂肪を含んでいません。脂肪が少なければ、その分消化の負担も減らすことができます。

 

また、抗酸化成分もナットウキナーゼには豊富に含まれており、細胞のほどに効果があり、あらゆる面での免疫力向上に役立ちます。


ナットウキナーゼの血圧を下げる作用

ナットウキナーゼには、血圧を低下させる働きもあるといわれています。はっきりとした確証のあるデータではありませんが、もともと大豆から作られている納豆ですので、あながち間違いではないかもしれません。

大豆に含まれるニコチアナミン

ニコチアナミンと呼ばれる成分がナットウの材料である大豆に存在しています。(ほかにこの成分が含まれているのは、モロヘイヤや明日葉など。)

 

ナットウキナーゼに血圧低下作用があるといわれているのはこの成分のためです。高血圧症の改善や予防にニコチアナミンが有効だと言われているのです。
(しかし、このニコチアナミンがナットウキナーゼに含まれているという確証はないので、注意してください。)

 

高血圧予防をしたい場合には、ニコチアナミンも含まれているタイプのサプリメントも利用するとよいでしょう。ナットウキナーゼのサプリメントにそういったものが存在します。注意したいポイントとしては、ナットウを食べているだけでは。ニコチアナミンが含まれていない可能性があります。

高血圧とナットウキナーゼ


ナットウキナーゼには血栓溶解作用があります。この血栓を溶かす働きが高血圧を抑える働きをするのではないか、と考えられています。

 

血液がさらさらになれば、高血圧を防ぐことができる可能性は高いです。はっきりと血圧を下げる効果はなくとも、高血圧の予防だけでも十分な効果です。

 

血液の悩みの多くに、ナットウキナーゼは効果が高いので、積極的に摂取したい成分であると言えます。また、動脈硬化なども血液がどろどろになってしまうことが原因なので、サラサラ成分のナットウキナーゼは効果的です・

 

そんなナットウキナーゼが含まれている納豆を食べる際に気をつけなければならないことがあります。

 

それが薬との相性です。医薬品とナットウに含まれるビタミンKは同時に取らないほうがよい場合があるので、医師に尋ねてみる必要があります。

血栓症をナットウキナーゼで予防

血液がどろどろになってしまうと動脈硬化を始めとする様々な生活習慣病の危険性がありますので、様々な食品やサプリメントを利用して多くの人が血液の改善に努めています。

 

ではどうして血液がどろどろになってしまうのでしょうか。

 

血流の流れが悪くなってしまうのは、血液の中に血栓ができてしまうからです。この血栓によって血流が邪魔され、どんどんどろどろとした血液へとなっていってしまうのです。

 

血液は体全体を巡っています。そのため、血液に問題が生じてしまうと、それが流れている臓器にも問題が発生してしまいます。臓器へ血液が巡らなくなると、そこに存在する細胞はどんどん死んでいってしまいます。そうなると梗塞と呼ばれる状態になってしまい、死の危険性が生じてきます。

 

脳梗塞や心筋梗塞も血栓からおきてしまう病気ですので、血液をさらさらにして、血栓ができてしまうことを防がなければなりません。

血栓症で死んでしまう日本人は多い

血栓症でなくなっている日本人は多くいます。日本人の死因からもこれは明らかになっています。

 

心疾患、脳血管疾患が日本人の死因の2位3位です。

 

これらはいずれも血栓症が原因といえる死因で、血栓症への対策が重要であることがわかっていただけると思います。

 

血栓小は生活習慣病の一種です。つまり、唐突に起こる病気ではなく、不健全な生活で過ごしたために起きてしまう病気ということです。

 

逆に、生活習慣の改善で予防することができる病気ともいえるでしょう。不健康な生活をしてしまっていると自覚しているならば送球に生活習慣の改善をするべきです。

 

特に、30代を超えるとこれらの症状は特に現れやすくなります。早め早めに予防を心がけましょう。

血栓症は特に夏に注意しましょう

血栓症は特に夏に注意しなければならない症状です。

 

その理由は、熱中症と血栓症は症状が似ているからです。夏に血栓症が発生してしまうと、熱中症と勘違いして対処が遅れてしまうということが多々あります。

 

死に至る可能性もありますし。障害が残ってしまう可能性もあります。日ごろから生活習慣が乱れている人は注意しておきましょう。


ナットウキナーゼはいつ・どれくらい摂取すればいい?

ナットウキナーゼを含んでいる納豆菌には活動時間に限界があります。そのため、適切なタイミングで摂取することによってより効果的となります。

 

夕食後から就寝前がその効果的な摂取時間だといわれています。その理由は血栓が作られる時間です。

 

深夜から早朝にかけての時間帯が血栓が最も作られやすい時間なのです。

 

活動限界が4〜12時間ほどの納豆菌をその時間帯に働かせるために、就寝前などの遅い時間帯がお勧めなのです。納豆を食べるなら昼食や朝食よりも夕食がお勧めです。

 

ただし、エコノミークラス症候群などの対策にナットウキナーゼを利用する場合、乗り物に乗る直前の摂取がお勧めです。そうすることで、長時間体を動かせないせいで発生してしまう血栓の予防を行うことができます。

ナットウキナーゼはどのくらい摂取すればいい?

ナットウキナーゼは200FUほど1日に摂取すればよいと言われています。

 

この数値を決めたのは日本ナットウキナーゼ教会という組織で、この数値の具体的な量は、1.25パックの50g入り納豆に含まれている量です。そこまで膨大な数値ではないので、納豆を食べる習慣があるならば、あまり気負わなくても摂取可能な量です。

 

また、摂取目安量が少ないために、過剰摂取を気にしてしまいますが、基本的に害のある成分ではないので、納豆の食べ過ぎを気にする必要はありません。

できるだけ早めに納豆を食べましょう

効率よく納豆からナットウキナーゼを摂取する方法をご紹介します。

 

まず、ナットウキナーゼは納豆によって含有されている量が変わってきます。ですので、商品を選ぶ段階で、ナットウキナーゼが多く含まれているものを選ぶようにするとよいでしょう。

 

ですが、ナットウキナーゼのことだけを気にして食品を選ぶ必要はありません。先ほど述べたように、ナットウキナーゼの目標摂取量は多くありませんので、自分の好きな納豆があるなら、それを食べるのが良いでしょう。

 

次に新鮮さですが、当然、新鮮な方がナットウキナーゼの含有量も多くなります。新鮮と言われても、納豆はもともと発酵させているものだから、と思ってしまいますが、商品は最も良い状態でお客様のところに届くようにされています。つまり、買ったその日が食べ頃なのです。味の面でも栄養の面でも、できるだけ早く食べるのが一番良いでしょう。

納豆の食べ方

次に、ナットウキナーゼを効率よく摂取するための納豆の食べ方についてご紹介します。

 

納豆はご飯にかける以外にも様々な食べ方があります。

 

てんぷらにしたり、卵焼きの中に入れてみたり、から揚げにしてみたりと、美味しい料理がたくさんあります。しかし、これらの調理は納豆の栄養を損減らしてしまう可能性があります。

 

何故なら、熱や酸はナットウキナーゼを破壊してしまうからです。本来であれば、ご飯の熱にも注意を払わなければならないほどナットウキナーゼはデリケートなのです。酸に弱いという性質上、調味料に酸味の強いものを用いたり、空腹の状態で摂取したりするのは避けた方が良いです。

ナットウキナーゼをサプリメントで摂取することのメリット

ナットウキナーゼは納豆にも含まれているので、納豆を摂取することでもナットウキナーゼを体内に入れることができます。納豆はさほど高価なものでもないので、毎日食べても家計を圧迫しません。

 

しかし、ナットウキナーゼの効果を最大限発揮するには、サプリメントの利用がお勧めです。その理由は2つあります。

 

まず、サプリメントは栄養を調整できるという点です。

 

納豆からナットウキナーゼを摂取する場合、ナットウキナーゼとともにビタミンK2も摂取してしまいます。このビタミンK2が問題となります。ナットウキナーゼの血栓溶解作用とは逆の、血液凝固作用がビタミンK2にはあります。

 

もちろん、ビタミンK2も必要な栄養素ではあるのですが、血液をさらさらにしたい場合、必要以上にこのビタミンK2を摂取したくはありません。サプリメントであれば、ビタミンK2をたくさん摂取してしまうのを避けることができます。

 

次に、摂取タイミングを調整できることもメリットです。

 

ナットウキナーゼの働きを血栓ができてしまうタイミングにぶつけやすくできるのもサプリメントならではです。寝る直前に納豆を食べたり、飛行機のフライトの直前に納豆を食べたりするのは難しいと思います。

ナットウキナーゼの副作用

ナットウキナーゼによる副作用は心配ありません。ナットウキナーゼの摂取目標量は50gの納豆パック1.25個ほどなので、その程度の量で副作用が発生していたのでは納豆を食べることができません。しかしいくつか注意しなければならないケースがあります。

 

それは、抗血液凝固剤を利用する必要のある人は、納豆に含まれている成分であるビタミンK2を摂ってしまうと抗血液凝固剤の効果がなくなってしまう恐れがあるのです。

 

そういった薬を服用している場合、医者に何らかの注意をされているはずですので、そういう場合は摂取を避けるようにしましょう。また、気になる場合には質問しているとよいでしょう。

血液を固めるビタミンK2

ビタミンK2は血液を固める成分です。つまり、ナットウキナーゼの働きを抑制するものです。この成分が含まれているため、よほどのことがない限りは止血ができなくなるといった、血液の凝固能力を奪い過ぎる事態にはなりません。

 

また、血液がどろどろの人は凝固させる成分を排除したいと思うかもしれません、そのようなビタミンK2を摂取したくない、という場合にはサプリメントによってナットウキナーゼを摂ることがお勧めです。


ナットウキナーゼは肩こり・冷え性にも効果?

ナットウキナーゼには、血液改善の効果がありますが、血液の流れが原因で起きる病気に対して効果があるいと考えられています。女性に多い悩みの人で、血液の流れによって起こるもののひとつに、肩こりがありますが、肩こりにもナットウキナーゼは効果を発揮すると考えられています。

 

肩こりも血流の滞りが原因として発生するのはご存知かと思います。姿勢を変えずに長時間過ごしているなどが原因で、血流が滞ってしまい、その影響で肩こりになると言うわけです。

 

こんな場合もナットウキナーゼを摂取していれば、血流が滞りにくくなりますので、肩こりの予防につながると言うわけです。。

 

同じような理由で、冷え性にも効果があると考えられます。冷え性は血液が体をきちんと巡っていないことが原因ですので、ナットウキナーゼを摂取してしっかり血液が体中を巡るようにしてやりましょう。

 

また、同じように便秘やむくみなどの悩みを持っている人にもナットウキナーゼがお勧めです。

 

 

→ 手軽にナットウキナーゼが摂れるおすすめサプリランキングへ




高血圧サプリランキングへ

ナットウキナーゼ関連ページ

DHA・EPA
タウリン