DHA EPA 高血圧対策 成分

MENU

DHA・EPAの効果と違い

頭が良くなるというイメージがあるDHAやEPAですが、主に青魚に多く含まれています。この二つの栄養素は別物で、それぞれ特徴を持っています。DHAとEPAの違いと特徴を紹介します。

DHA・EPAそれぞれの効果

共通の要素はありますが、それぞれ二つに期待できる要素があります。

 

たとえばDHAの特徴は記憶力アップを期待できます。DHA特有の効果でありEPAにはない要素なのです。

 

また、両方血液をサラサラにするという要素が望めますがDHAはあまりこの要素が高くないといわれ、血小板凝集抑制効果はEPAのほうが優れているという特徴があります。

DHA・EPA共に持つ要素

ドコサヘキサエン酸のDHAに対しEPAはエイコサペンタエン酸といい、共通点として、n-3系多価不飽和脂肪酸だという点があげられます。

 

共に不飽和脂肪酸の仲間なので、期待できる効果も類似しています。炎症抑制作用、抗アレルギー作用、悪玉コレステロールの減少などが共通して望める要素です。

DHA・EPAの類似点

共に動脈硬化予防、炎症抑制作用、抗アレルギー作用、コレステロール減少作用を持つDHAとEPAですが記憶力アップの効果はDHA、血小板凝集抑制や血栓症予防の効果はEPAにあるとされています。一方だけの摂取でなく、両方とも万遍なく摂取することを進めます。

 

DHA・EPAサプリの選び方

厚生労働省より推薦されている摂取量は、1日平均1,000mgですがこれだけの量を日常の食事から摂取することは非常に大変です。ですので、高血圧サプリメントを使用しこれらの成分を摂取している人が大勢います。
これから始めるという方は上手なサプリメントの選び方をしたいところです。ここではDHA・EPAサプリの失敗しない選び方について紹介します。

配合量をチェック

さまざまな会社が販売を行っているDHA・EPAサプリですが、配合量には差がありこれらの成分は別物でありそれぞれ効果も異なりますので、十分に個々の成分を摂取できるか配合量をチェックしましょう。

 

1つのサプリメントでどちらか片方の成分が足りないのなら、複数のサプリメントを使用するという方法もあります。配合量が推薦摂取量に近づける様なサプリメント選びをしましょう。

DHA・EPAの弱点を補えているか

不飽和脂肪酸のDHA・EPAの弱点として酸化が起こりやすいという点が挙げられます。

 

酸化してしまうと成分の質をそこねてしまいます。つまり、酸化したDHA・EPAをたくさん摂取しても効果を発しなくなってしまいます。ですので、この弱点をカバーしているサプリメントを選びましょう。

 

酸化防止としてセサミンやビタミンEなどが抗酸化作用に優れています。セサミンやビタミンEはDHA・EPAの品質維持だけではなく、様々な効果が望まれていますのでDHA・EPA単体のサプリメントよりセサミンやビタミンEが配合されているサプリメントのほうが良いでしょう。

 

DHA・EPA関連ページ

ナットウキナーゼ
タウリン