高血圧下げるサプリメント

MENU

海藻フコイダンとフコイダンには違いはあるのか?

フコイダンに関していろいろ調べていくと、「海藻フコイダン」という言葉も良く見かけるようになります。しかし、フコイダンとは、海藻類だけに含まれる成分であるため、フコイダンと海藻フコイダンは同じものをあらわします。海藻に触れたり、食べるとわかると思いますが、海藻類はヌルヌルしていますよね。このヌルヌルしている部分に、フコイダンが豊富に含まれており、ヌルヌルしている海藻は、フコダインも豊富に含んでいますが、海藻類の中でも、フコダインの含有量が多いのはもずくで、昆布やワカメの約5倍の含有量を誇っています。では、なぜ海藻はヌルヌルしているのかご存知でしょうか。

海藻はなぜヌルヌルしているのか

海藻は、海中に存在している時には、細菌から自身を守らなければなりません。そのため、ヌルヌル成分を身に付けることで、自分自身を守っているのです。砂が擦れることで自身の身体が傷ついた場合、このヌルヌル成分で傷を修復できますし、潮が引いた時に乾燥から守ることもできます。ということは、海藻は自分自身をまもるためにヌルヌル成分が必要となっているのです。

 

このヌルヌル成分であるフコイダンは、海藻の体だけではなく、人間の体を守ることができ、免疫力アップ、血圧のコントロール、血液凝固の抑制などさまざまな作用を持ち合わせています。このような健康維持効果が認められているため、フコダインを積極的に摂取する方が多くなっているのです。みそ汁にわかめを入れたり、もずくを食べれば、フコダインを摂取することができますが、これらが好きでない方や、面倒に感じる方はサプリメントから摂取するとよいでしょう。

 

→ TOP高血圧サプリメントランキングへ



高血圧サプリランキングへ